Home / 法務の基礎 / リーガルリスクマネジメント / リーガルリスクマネジメント -労働契約の終了

リーガルリスクマネジメント -労働契約の終了

  1. 労働契約に期限がある場合
    ・期限の満了によって労働契約が終了する。
    ・パートタイム労働者や臨時工などの労働契約を繰り返し交信している場合は、期限の定めない労働契約へ転嫁されたと認められる場合が有る。この場合、労働契約の交信拒否は不当解雇とみられる。(最高裁昭和49年7月22日)
  2. 労働契約に機嫌が無い場合
    ・解雇には、ふつう解雇、即時解雇、整理解雇、懲戒解雇などがある。
    ・定年についても、男女間で差別的な取り扱いをすることを禁止する。合理的理由を書く定年制は権利濫用として無効となる。

Check Also

企業における事件・事故のパターン

リスクを回避・除去できずに発生 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です