Home / 法務の基礎 / リーガルリスクマネジメント / リーガルリスクマネジメント -外国人労働者の雇用

リーガルリスクマネジメント -外国人労働者の雇用

外国人労働者を雇用するときは、次の点を留意しましょう。

①職安法上の許可を得ていないブローカーを利用しない事。
②外国人の在留資格や在留期間を確認する事。
③労働条件を明示する事。
④外国人労働者の転職を防ぐために、パスポートを留置したり、宿舎へ軟禁することは強制労働と見なされます。

Check Also

企業における事件・事故のパターン

リスクを回避・除去できずに発生 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です