Home / 契約書 / その他 / 事務所貸借契約書

事務所貸借契約書

株式会社○○○○○○(以下「甲」という)は、株式会社○○○○○○(以下「乙」という)とは、甲の所有する建物の室の賃貸借に関し、以下のとおり契約する。

 

第1条(貸借物件)

甲は、その所有する下記物件(以下「本件物件」という)を賃貸し、乙はこれを賃借する。

 

所在地:              東京都○○区○○○○○○○○○○○○

家屋番号:           ○○番

構造:                  鉄骨鉄筋コンクリート○○階建

床面積:              ○○階○○号室○○○平方メートル

 

第2条(使用目的)

乙は、本件物件を営業用事務所として使用し、その他の目的に使用しないものとする。

2.乙は、本件物件を現状のまま使用するものとし、事前に甲の書面による承諾を得た場合を除き、本件物件に造作の設置その他の工作を加えてはならない。

3.乙が前項にもとづき造作の設置その他の工作を施した場合には、乙は、賃貸借終了の時点において、自己の費用をもって本件物件を原状に復しなければならない。

 

第3条(契約期間)

契約期間は、平成○○年○○月○○日から平成○○年○○月○○日までの○○年間とし、期間満了の○○ヶ月前までに甲乙いずれからの通知がない限り、○○年間自動延長するものとする。

 

第4条(賃料)

賃料は月額○○○○○○○円(税別)とし、毎月○○日までにその翌月分を甲の指定する銀行口座に振込み支払うものとする。

2.1ヶ月分に満たない期間の賃料は、当該月の日数を分母とする日割りで計算した金額とする。

3.甲または乙は、物価、公租公課、近隣建物賃料の変動により賃料が不相当となったときは、賃料の増減を請求することができる。

 

第5条(保証金)

乙は、本契約締結と同時に、甲に対し、保証金として金○○○○○○○円を預託しなければならない。ただし、保証金には利息は付さないものとする。

2.本件契約が終了し、乙が本件物件を明渡し完了した後、甲は遅滞なく保証金を返還する。なお、保証金には利息を付さない。

3.乙が甲に対する債務を履行しない場合には、甲は、保証金をもってその弁済に充当することができるものとする。

 

第6条(禁止事項)

乙は、本件物件を第2条に定めた目的以外の使用に供し、賃借権を第三者に譲渡しもしくは本件建物を第三者に転貸し、または第三者の使用に供してはならない。

 

第7条(契約の解除等)

乙が本契約に違反した場合には、甲は、何らの催告なしに、本使用貸借契約を解除することができる。

2.乙が契約期間中に本契約を解除しようとするときは、乙はその○○ヶ月までに甲に対してその通知を行うものとする。ただし、乙が賃料の○○ヶ月を即時に支払うときは、即時に本契約を解除することができる。

 

第8条(原状回復等)

本契約が終了したときは、乙はただちに本件物件を原状に復したうえで甲の立ち会いを求め、本件物件を明け渡す。

2.本契約の終了に際し、乙は、甲に対し、移転料、立退料、その他これに類するいかなる金銭も請求しないものとする。

 

第9条(協議)

本契約に定めない事項については、甲乙協議の上、定めるものとする。

 

第8条(合意管轄)

本契約に関して訴訟の必要が生じた場合には、○○地方裁判所を第一審管轄裁判所とする。

 

以上、本契約の成立を証するため、本書2通作成し、各自記名捺印の上、各1通を保有する。

 

 

平成○○年○○月○○日

 

甲:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○

株式会社○○○○○○

代表取締役 ○○ ○○

 

乙:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○

株式会社○○○○○○

代表取締役 ○○ ○○

Check Also

意匠権譲渡契約書

 株式会社○○○○(以下「甲」 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です