Home / 契約書 / その他 / 共同経営契約書

共同経営契約書

○○ ○○(以下「甲」という)と、□□ □□(以下「乙」という)は、以下のとおり共同経営に関する契約を締結する。

 

第1条(目的)

甲および乙は、○○○○○○○○を共同で経営することにつき合意した。

 

第2条(出資)

甲および乙は、それぞれ金○○○○○○○円を出資する。出資する期日は、甲乙の協議にて別途定める。

 

第3条(業務)

○○○○○○○○の業務執行は、すべて甲に委任する。ただし、次のことを行うにあたっては、あらかじめ甲乙協議のうえ、行うこととする。

  • 営業に関して金銭の借入れをする、または他人の債務を保証すること
  • 業務を他人に委託すること
  • 重要な財産を処分、または譲り受けること

 

第4条(損益配分)

1.利益配分の基礎となる営業の損益は、甲乙平等にそれを配分する。

2.損益配分は、毎月末日締め分をその翌月の○○日までにこれを行う。

 

第5条(経費)

営業費用の支払いについては、出資金および売上金からこれを支払うものとする。

 

第6条(経理)

経理事務は甲がこれを行うものとし、甲は、営業の収支を正確に経理し、常時乙が明確に知ることができるように記帳する。

 

第7条(契約解除)

当事者の一方が本契約の条項に違反した時は、当事者は何らの催告をせず、直ちに本契約を解除し、また被った損害の賠償を請求することができる。

 

第8条(契約期間)

本契約の有効期間は、本契約締結の日から○○年間とする。ただし、本契約の終了の○○カ月前までに、当事者の一方から他方に対し、本契約を終了する旨を書面をもって通知しない限り、さらに○○年間有効とし、以後この例による。

 

第9条(清算)

本契約が終了した場合は、次のとおり清算する。

  • 本契約終了時において、○○○○○○○○の営業を廃止する場合は、資産および負債は甲乙折半とする。
  • 当事者の一方が店舗の経営を続ける場合においては、他の一方に対し、出資金を払い戻すものとする。ただし、出資金の払い戻しは、当時の○○○○○○○○に関する資産、負債、および損益の状況に従って、甲乙の協議により計算するものとする

 

第10条(合意管轄)

本契約に関して訴訟の必要が生じた場合には、○○地方裁判所を第一審管轄裁判所とする。

 

第11条(契約の適用)

本契約に関し、甲乙間協議の上、締結され、一切の個別契約に適用することとする。但し、個別契約で特別の規定をしたときは、その規定に従うこととする。

 

第12条(協議)

本契約に定めない事項については、甲乙協議の上、定めるものとする。

 

以上、本契約の成立を証するため、本書2通作成し、各自記名捺印の上、各1通を保有する。

 

 

 

平成○○年○○月○○日

甲:

東京都○○区○○○○○○○○-○-○

○○ ○○

 

乙:

東京都○○区○○○○○○○○-○-○

□□ □□

Check Also

意匠権譲渡契約書

 株式会社○○○○(以下「甲」 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です