Home / 契約書 / その他 / 商標使用許諾契約書

商標使用許諾契約書

○○○○株式会社(以下「甲」という)と、○○○○株式会社(以下「乙」という)は、甲の所有する商標につき、以下の通り本契約を締結する。

 

第1条(商標使用権の許諾)

甲は、下記のとおり、商標についての使用権を、乙に許諾するものとし、乙は、本件商標を利用した製品を製造、販売することができる。

登録番号:第○○○号

商品の区分:第○○○類

指定商品:○○○○○

地域:

本件製品:

実施期間:

(自 平成○○年○○月○○日 至 平成○○年○○月○○日)

2 甲は、本実施期間中に限り、商標を第三者に使用許諾してはならない。

 

第2条(対価ならびにその支払い)

乙は、下記の商標使用対価を甲に対して支払うものとする。

  • 本商標を利用して販売された製品の販売金額総額の○○%
  • 甲の指定する方法により、該当月末締め、翌月末日までに支払うものとする。

 

第3条(商標の使用方法)

甲は、本商標を利用した製品の製造・販売にあたり、乙の確認を経てから実施するものとし、その使用方法が適切なものであるか乙の了承を得るものとする。

2 乙は、本件製品以外に、本件商標を付してはならない。

 

第4条(再許諾)

乙は、本契約に基づく商標使用権を第三者に再許諾することができる。

 

第5条(商標に対する侵害行為)

甲ならびに乙は、第三者が本商標を侵害している事実、又は本件商標を侵害する可能性をしった場合には、直ちに相手方に通知するものとし、誠意協力の上で、侵害行為に対し対処するものとする。

 

第6条(損害賠償)

甲ならびに乙は、相手方に損害を与えた場合、生じた損害を賠償するものとする。

 

第7条(解除)

甲ならびに乙は、相手方に以下の事由が生じた場合には、相手方に何ら事前の通知催告を要せず、直ちに本契約を解除することができる。

① 手形又は小切手が不渡となったとき

② 差押、仮差押、仮処分、又は競売の申立があったとき

③ 破産、会社更生、民事再生の手続開始の申立を自ら行ったとき、又は申立てられたとき

④ 解散若しくは会社の財産の全部又は重要な一部を第三者に譲渡(営業譲渡又は会社分割)したとき

⑤ 本契約の条項に違反した相手方が、書面による催告を受領した後1ヶ月以内にかかる違反を治癒しなかった場合

 

第8条(契約の変更)

契約の変更は書面によってのみ提示するものとし、甲乙両者の合意があった場合にのみ変更することができるものとする。

 

第9条(協議)

本契約に定めない事項については、甲乙協議の上、定めるものとする。

 

以上、本契約の成立を証するため、本書2通作成し、各自記名捺印の上、各1通を保有する。

 

平成○○年○○月○○日

 

甲:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○

株式会社○○○○○○

代表取締役 ○○ ○○

 

乙:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○

株式会社○○○○○○

代表取締役 ○○ ○○

Check Also

意匠権譲渡契約書

 株式会社○○○○(以下「甲」 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です