Home / 契約書 / 契約の基本

契約の基本

契約の基本

基本

権利帰属の原則は、「費用を負担した者に成果が帰属する」というビジネス一般の常識。

リスク負担の原則は、「コントロールできる人が、少なくともハンドリングする人が、リスクを負担する」という常識。リスク回避のインセンティブが働き、モラルハザードを防ぐ。

ゲインシェアという考えは弱者の淡い期待に過ぎない。

契約の役割

(1)リスク負担を定めるもの

取るリスクと取らないリスクを決めたら契約で確定する。

(2)利益配分の確定

事業から得られる利益を契約当事者でどのように配分するかを決めたら契約で確定する。

たとえば売買の場合、その売買で得られる利益を売主と買主との間でどのように取り分を決定するか。

契約書の目的、弁護士の役割

契約書の目的:合意した内容を「正確に」記述し、裁判所を含む第三者が「異なる解釈をしないように」すること

弁護士の役割:クライアントの取引目的達成における問題点を洗い出して、その検討を手助けすること。

 

Check Also

反社会的勢力の排除に関する覚書

(以下甲という)および     …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です