Home / 法務の基礎 / 取引契約の基礎 / 契約の成立 一般的要件とその効力

契約の成立 一般的要件とその効力

契約は当事者間における申込み(offer)と承諾(acceptance)による意思表示の合致(合意)により成立する事は世界共有の認識でしょう。その契約成立には意思表示が作用するので、民法は契約の有効要件として、以下の行為能力や意思表示に係る規定を置いています。
① 契約当事者に当事者能力のある事
未成年者(5条2項)、成年被後見人(9条本文)、被保佐人(13条4項)、被補助人(17条4項)による契約は取り消し得る。
② 意思表示に瑕疵・欠缺のない事
意思の欠缺(心裡留保(93条但書)、虚偽表示(94条1項)、錯誤(95条本文))の原則的無効、瑕疵ある意思表示(詐欺・脅迫(96条1項))の取り消し
違法性のある取引や公序良俗(90条)に反する取引が]無効であることは言うまでもありません。

国際取引において英米法が準拠法になった場合、蒸気の行為能力や意思表示の瑕疵・欠缺に加えて、約因(consideration)が損じすることが契約成立の実質的要件とされています。米国のほとんどの州法では500ドル以上の契約は、契約の書面化が契約の形式的有効要件(方式の問題)とされています。

Check Also

企業における事件・事故のパターン

リスクを回避・除去できずに発生 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です