Home / 契約書 / その他 / 社宅使用契約書

社宅使用契約書

株式会社○○○○(以下「甲」という)と、●●●●(以下「乙」という)は、甲の所有する東京都○○区○○町○○丁目○○番地所在の株式会社○○○○社員寮(以下「本件社宅」という)の使用に関し、以下の通り契約する。

 

第1条(目的)

甲は、乙に対し、本件社宅を使用することを許諾し、乙はこれを借り受ける。

 

第2条(社宅使用料)

乙は、甲に対し、本件社宅使用料として月額○○万円を支払う。

2.前項の支払いは、毎月○○日までに、翌月分の使用料を本件社宅管理人まで持参する方法で行うものとする。

 

第3条(使用期間)

乙は、甲の従業員として在職中に限り、本件社宅を使用することができる。

 

第4条(禁止事項)

乙は、社宅の使用に関し、以下の事項を行ってはならず、乙がこの禁止事項に違反した場合には、甲は、乙に対し、本件社宅の退去を命じることができる。

  • 本件社宅につき増改築等によって現状を変更すること
  • 乙の家族以外の者を入居させること
  • 社宅使用料を○○ヶ月以上滞納させること

 

第5条(損害賠償)

乙または乙と同居する家族が、故意または過失によって本件社宅を毀損、損壊するに至った場合には、乙は、甲に対し、その損害を賠償しなければならない。

 

第6条(退去)

次の場合、乙または乙の家族は、○○日以内に本件社宅を退去する。

  • 乙が甲を退職した場合
  • 乙が甲の命によって、甲の本社以外に転勤した場合
  • 第4条の禁止事項に違反し、甲が乙に対して本件社宅の退去を命じた場合

 

第7条(明渡し)

前条によって乙が本件社宅を退去する際には、乙は、本件社宅○○号棟○○○号室内のすべての動産および本件社宅敷地内に乙の搬入した動産を引き上げ、本件社宅○○号棟○○○号室につき、入居当時の状態を回復しなければならない。

 

 

以上、本契約の成立を証するため、本書2通作成し、各自記名捺印の上、各1通を保有する。

 

 

平成○○年○○月○○日

 

甲:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○

株式会社○○○○○○

代表取締役 ○○ ○○

 

乙:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○

  • ●●●

Check Also

意匠権譲渡契約書

 株式会社○○○○(以下「甲」 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です