Home / 英文契約 / 英文契約_基本構造

英文契約_基本構造

英文契約書の構造

英文契約は、下表のように、全体で一つの文章(THIS AGREEMENT WITNESSETH Article 1・・・)となっている。

 

Title

SHARE PURCHASE AGREEMENT

S

Caption

THIS SHARE PURCHASE AGREEMENT made and entered into

V

Recitals

WITNESSETH THAT

O

 

WHEREAS, Seller owns the issued shares of itself; and

WHEREAS, Purchaser desires to purchase,
and Seller desires to sell,
the Shares on the terms and conditions set forth below

NOW, THEREFORE, in consideration of the premises and the mutual covenants and agreement contained herein, it is hereby agreed upon by and between parties as follows:

BODY

Operative part

Article 1

Article 2

   

IN WITNESS WHEREOF, the parties hereto have executed this Agreement as of the date first above written.

 

Title

e.g. Agreement between Japan and the USA concerning Trade in Textiles :日米繊維協定

 

Caption (頭書)

 

In practice. That part of a legal instrument, as a commission, indictment, etc., which shows where, when, and by what authority it is taken, found, or executed.

実務においては、(頭書とは、)いつ、どこで、どんな権限者が承諾し、宣言し、署名したことを示す、委任状や起訴状などの法律文書の一部をいいます。

 

Example1.

This Purchase and Sale Agreement (this Agreement)

(a) is dated September 16,2008 and

(b) is made and entered into by and between;

MATSUMOTO MANUFACTURING Ltd., a Japan corporation (ABC), and

Y Ltd., a Delaware, USA, corporation(DEF).

ABC and DEF hereby agree as follows:

 

頭書の要素

①Parties(契約当事者)の特定, ②Signing Date, ③Place of Execution

 

 

①Parties

契約当事者は部門ではなく法人。

 

誰と契約したらよいか?(契約当事者の問題)

取引の中身を見ること。取引の実質的担い手は誰か、紛争対応は誰が行うのか、商社の機能は何か、など。

 

商社が介在する場合

商社が介在する場合、技術情報の交換は直接メーカーと行うことが合理的なことが多く、三面契約にするなど

品質保証やクレーム補償対応は結局メーカーが行う。したがってメーカーとの直接契約も検討すべき(メーカーとの二面契約、三面契約、重畳的契約など)。

 

Holding company

持株会社制を採用している企業では、実際に事業を行う会社ではなく持株会社(例:○○ホールディングス)を契約当事者としている場合があり、相手方から持株会社のみを契約当事者とすることを提案される可能性があるが、実際に事業を行う会社に本契約上の義務を負わせることができなくなってしまうので、実際に事業を行う会社を契約当事者に加えるべきである。

 

支店

1.会社の住所は本店所在地

会社法第4条では、「会社の住所は、その本店の所在地にあるものとする。」と規定しています。したがって、会社の住所は本店所在地を用いなければなりません。支店の所在地は誤りです。

 

2. 支店長がサイナーの場合

支店名義の契約締結は実務上よくみられますが、厳密には誤りです。会社法第11条1項は「支配人は、会社に代わってその事業に関する一切の・・・行為をする権限を有する。」と規定しています。すなわち、支店長は、支店の事業範囲内で、会社の代理として契約を締結します。したがって、支店長がサイナーであっても、契約締結者は会社となります。このように考えると、英文契約において、頭書に名称と本店所在地を、サイン欄には肩書のみを記載する方法は、理に適っているように思われます。

 

②Signing Date, Execution Date

Signing Dateは、実際の署名・調印日を記載する。

Execution Dateは、契約書作成日であるから、実際の署名・調印日を記載する。

 

③Place of execution

Place of Executionは、準拠法・裁判管轄を決定する要素となります。
また日本以外を指定すれば、日本の印紙税負担を回避できます。

 

PREMISES, PREAMBLE,

 

What is PREAMBLE?

A clause at the beginning of a constitution or statute explanatory of the reasons for its enactment and the objects sought to be accomplished.

 

PREAMBLE

The Parties to this Convention,

Aware of the risk of damage to human health and the environment caused by hazardous wastes and other wastes and the transboundary movement thereof,

Mindful of the growing threat to human health and the environment posed by the increased generation and complexity, and transboundary movement of hazardous wastes and other wastes,

(…)

HAVE AGREED AS FOLLOWS:

 

前文

この条約の締約国は、

有害廃棄物及び他の廃棄物並びにこれらの廃棄物の国境を越える移動によって引き起こされる人の健康及び環境に対する損害の危険性を認識し、

有害廃棄物及び他の廃棄物の発生の増加及び一層の複雑化並びにこれらの廃棄物の国境を越える移動によってもたらされる人の健康及び環境に対する脅威の増大に留意し、

(・・・)

次のとおり協定した。

 

 

 

RECITALS (前文), WHEREAS CLAUSE (説明条項), PREMISES, PREAMBLE

 

Example 1

RECITAL (WITNESSETH)

WHEREAS, Party A has achieved great success in [manufacturing and selling product X in Japan]; and

WHEREAS, Party B is desirous of [manufacturing Party A’s product X in [territory]];

NOW, THEREFORE, [in consideration of the foregoing and the obligations hereunder, ]the parties hereto agree as follows:

 

前文

甲は、[日本において製品Xの製造および販売について]大きな成功を収めている。

乙は、[[地域]において甲の製品Xの製造]を希望している。

よって、両当事者は、[上記事情および本契約に基づく義務の約因に基づき、]以下のとおり合意する。

 

Recital Clauseの機能

RECITAL(前文)に法的効力はありません。しかし、契約締結に至った背景等を記載することで、契約当事者の意思が明確になり、契約の解釈指針となることが期待できます。よって、RECITAL(前文)には、できるだけ具体的に取引の内容や目的、今後の展望などを詳細に明記しておく方がよいでしょう。

 

法的拘束力がないことから、助動詞を用いないで、現在形や過去形で表現するのが通常です。助動詞を用いなければならないことは、本文に記載すべき内容です。

 

なお、「上記事情および本契約に基づく義務の約因に基づき」という文言は、英米法においては「約因」が契約の成立要件とされているため、英米法系の法律を準拠法とする場合には、入れておいたほうが望ましいので留意すること。一方、日本法その他の大陸法を準拠法とする場合は不要だが、大陸法系であっても当該文言を入れて何か問題が生じるわけではないので、大陸法系か英米法系かわからない場合は入れておいてよい。

 

・取引の内容、範囲の概括的特定(滝川p16)

契約当事者は部門ではなく法人である。したがって、「単に○○○株式会社と△△△株式会社との契約とすると電子機器事業部と営業部問に関する取引だけでなく非常に幅の広いものになってしまい,他の事業部や他の部の取引も含まれてしまう。そこで,そのような場合には,記載例2の変更例のように前文中か,あるいは適用範囲のところで限定し幅を狭くする必要がある。」(滝川p17)

 

・契約締結経緯の確認(動機の表示)

契約に至った経緯などを示すことは、動機の表示となり、錯誤理由や契約解釈の指針になる。

 

 

WITNESSETH, WHEREASの意味

 

WITNESSETHは、「証する」の意味。

 

WHEREASは、「~であるが故に」という意味。”AS”と同じ。このような古めかしい表現が用いられるのは、契約締結の経緯・動機を説明したことに由来しています。

英文契約書では、契約書のCaption(頭書)で当事者(Parties)を紹介し、それに続いて契約に至った経緯、動機、目的を説明します。その説明条項の頭に”WHEREAS”を置くのでWHEREAS CLAUSEと呼ばれる。

WHEREAS CLAUSEはPreamble(前文)の一部であって、

 

What is WHEREAS?

A word which implies a recital of a past fact. The word “whereas,” whenit renders the deed senseless or repugnant, may be struck out as impertinent, and shallnot vitiate a deed in other respects sensible.

 

 

NOW, THEREFORE, in consideration of

「・・・を約因として」という意味。

契約当事者双方が、互いにどのような義務を負担するのか、ポイントを簡潔に記載する。例えば売買であれば、商品の売り渡しと代金の支払いである。

英米法では、considerationがない契約についての訴訟を認めない。約因のない契約はEnforcementできない。

Considerationが問題となるのはLetter of guarantyである。

 

NOW, THEREFORE, in consideration of mutual promises and covenants as hereunder set forth;

そこで、ここに、本契約に定める相互の約束と誓約を約因として、(契約当事者は)次のとおり合意する。

 

Example2

•NOW, THEREFORE, in consideration of the mutual covenants herein contained the Parties agree as follows.

《契約書》従って両当事者は、以下に定める相互の約定に基づき、ここに次のように協定する。

•Now, therefore, in consideration of the mutual covenants hereinafter set forth, the parties hereto agree as follows.

《契》よって、下記の条項を約因とし両当事者はここに次の通り合意する。

•Now, therefore, in consideration of the above and for other valuable considerations, the parties hereto agree as follows.

《契》よって上記事情と他の有価約因に基づき両当事者はここに次の通り合意する。

•Now, therefore, in consideration of the rights and obligations herein set forth, the PARTIES hereto agree as follows.

《契》よって本契約書に定める権利および義務の約因に基づき両当事者はここに次の通り合意する。

•Now, therefore, in consideration of the premises and of the mutual covenants hereinafter provided for, the parties hereto agree as follows.

《契》従って両当事者は、本契約の前提と以下に定める相互の約定に基づき、次のように協定する。

 

Examples3

This Agreement is made and entered into this first day of June, 20__ between Robin Hood & Co. Ltd. ______________ and Aurora Borealis Corporation __________.

本契約は、____のロビン・フッド株式会社と____のオーロラ・ボレアリス株式会社間で20__年6月1日に締結される。

 

Exampl4. Traditional Style (Caption + Recital)

This Confidentiality Agreement (“Agreement”) is entered into by and between [Japanese company] (“Party A”) and [Foreign company] (“Party B”).

RECITAL

WHEREAS, Party A has achieved great success in [manufacturing and selling product X in Japan]; and

WHEREAS, Party B is desirous of [manufacturing Party A’s product X in [territory]];

NOW, THEREFORE, [in consideration of the foregoing and the obligations hereunder, ]the parties hereto agree as follows:

 

[日本企業](以下「甲」という。)および[外国企業](以下「乙」という。)は、以下のとおり秘密保持契約(以下「本契約」という。)を締結する。

前文

甲は、[日本において製品Xの製造および販売について]大きな成功を収めている。

乙は、[[地域]において甲の製品Xの製造]を希望している。

よって、両当事者は、[上記事情および本契約に基づく義務の約因に基づき、]以下のとおり合意する。

 

Captionのみ。Recitals(説明条項)は省略。

THIS AGREEMENT is made as of the ___ th day of April, 2014 at San Francisco United States of America, between XXX corporation whose registered office is at ___ London, England (“XXX”), of the one part, and YYY corporation whose registered office is at x-x, Kanda-Surugadai 1chome, Chiyoda-ku, Tokyo, 000-0000 Japan (“YYY) of the other part.

WHEREBY IT IS AGREED AS FOLLOWS:

ARTICLE 1 DEFINITIONS AND CONSTRUCTION

 

 

This agreement, made and entered into as of the day of April, 20 __ (the “Effective Date”) by and between:

XYZ Corporation, a California corporation, having its place of business at xxx California Sreet, San Francisco, California 94100, USA (“XYZ”), and,

Aurora Borealis Corporation, a Japanese corporation, having its place of business at x-x, Kanda-Surugadai 1 chome, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan (“ABC”).

本契約は、20_年4月20日(以下「発効日」)に、

米国カリフォルニア州94100サンフランシスコ市カリフォルニアストリートxxxに主たる事業所を有するカリフォルニア州法人XYZコーポレーションと、

日本国東京都千代田区神田駿河台1丁目xxxに主たる事業所を有する日本法人オーロラ・ボレアリス株式会社(以下「ABC」)

との間で締結された。

 

 

THIS SHARE PURCHASE GREEMENT (this “Agreement”) made and entered into as of this 1st day of September, 2014 by and between Sankyo-Houki Ltd., a company organized and existing under the laws of the Isle of Man, having its registered place of business at 5b Bond Street, Douglas, Isle of Man, AB88 21Q (“Purchaser”), and Watanabe Co. Ltd., a company organized and existing under the laws of Japan, having its registered place of business at 20-8 Kand-cho, Minato-ku, Tokyo, Japan (“Seller”)

 

 

THIS AGREEMENT made and entered into this day of 20 , by and between:

ABC CORPORATION (hereinafter referred to as “ABC”), a corporation organized and existing under the laws of Korea, having its principal business office at and

XYZ CORPORATION (hereinafter referred to as “XYZ”), a corporation organized and existing under the laws of Japan, having its principal business office at XYZ Building, 1-2-3, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo, 123-4567, Japan.

 

 

 

BODY(本文)

節 Section

章  Chapter

条  Article

項 Paragraphまたは Clause

号 Item

ただし書      Proviso

 

末尾文言(Execution and Signature)

署名者(サイナー)の決め方。

 

意思決定者とサイナーが異なることは許されるか?

結論からいえば「許される」。社内規程によっては、決裁権限者とサイナーが異なる場合がある。両社が別の規則で規定されていることが原因である(決裁権限者は決裁権限規定などが定め、署名者はサイン規程などにより定められる)。一見、決裁者とサイナーが異なることは、法的に間違いのようにも感じる。しかし、例えば、社外研修の導入を部長が決裁し、部下がその名前で申し込むなど、それほどおかしな話ではない。

 

Example1

IN WITNESS WHEREOF, the parties hereto have executed this Agreement in duplicate by placing their signatures and seals hereon, and each party shall keep one of the originals.

SUZUKI Corporation

(Signed by)

 

 

Title: CEO and President

Name: Suzuki Ichiro

Date: / /

 

SUZUKI Corporation

(Signed by)

 

 

Title: CEO and President

Name: Suzuki Ichiro

Date: / /

 

 

Example2

ABC CORPORATION

 

[By]______________

[Name]    

[Title]    

[Date]    

 

XYZ Corporation

 

[By]                  

[Name]    Suzuki Ichiro

[Title]    

[Date]    

 

Example3.

IN WITNESS WHEREOF, the parties hereto have executed this Agreement in duplicate by placing their signatures and seals hereon, and each party shall keep one of the originals.

[Date]

Party A: [Address]    

[Company Name]    

[Title] [Name]

 

本契約の締結を証するため、本書2通を作成し、甲乙記名押印の上、各1通を保有する。

[年月日]

甲:[住所]

[会社名]

[役職] [名称]

 

Example4.

IN WITNESS WHEREOF, the parties hereto have executed this Agreement in duplicate by placing their signatures and seals hereon, and each party shall keep one of the originals.

Signed on  /09/2014

By

 

SUZUKI Corporation

 

 

Title: CEO and President

Name: Suzuki Ichiro

Date: / /

 

Signed on  /09/2014

By

 

 

 

 

Title:

Name:

 

Example5.

(Signed by)

 

___________________

Suzuki Ishiro, CEO and President

For and on behalf of

XXX Corporation

(XXX)

 

In the presence of

 

 

署名・押印、英文サイン(Signature)

英文契約書への調印は、英語でのサインになります。日本語の契約書については、署名押印(手書きで名前を書いた上に、はんこを捺印する方式)または記名押印(名前の欄がプリントされており、はんこのみ捺印する場合)の場合が多いと思われますが、印鑑制度のない海外の取引では、契約書の調印に印鑑は使われません。サインについては、筆跡の鑑定が可能ですので、他人が偽造するのは難しいという理解が前提とされています。

 

署名方法

法人名+署名人の氏名+署名人の資格

 

署名者の代理(代表)権限を確認

Vice Presidentは要注意。日本法では「副社長」は表権代表取締役として相手方は保護される。しかし他国は異なる。

For and on behalf of(代理文言)

イギリス法系の会社法が適用される場合は、

 

サインの真正の確認

外国の当事者の場合、本人確認が難しいこともしばしば生じえます。

その場合には、公証人(Notary Public)が発行するサイン証明書(Notarization)を合わせて送付してもらい、サイン証明書のサインと契約書のサインが同じものかどうかを肉眼で判定するということになります。

I. 米国の公証人によるサイン証明

米国では州ごとに公証人が任命されています。認証が必要な時は、公証人の事務所に出向き、その面前で必要な文書にサインします。サインした文書の余白部分に、公証人が「この文書に申請人本人がサインした」旨を日付とともに記載し、これがサイン証明になります。公証人は認証にあたって、氏名、公証人としての登録番号と登録地、また登録有効期限を対象となる文書に記載する規則になっています。

日米両国はハーグ条約(外国公文書の認証を不要とする条約:1961年発効)に加盟していますので、米国で公証人による認証を受けた文書は、日本でも有効なものとして認められます(下記URL参照)。公証人による認証を受ける場合、運転免許証などを提示して本人確認をする必要があります。米国では、弁護士事務所の多くが事務所内に公証人を抱えていて、弁護士業務の一環として極めて廉価な費用で、認証サービスを広範に提供しています。

II. 米国大使館によるサイン証明

米国国外でサイン証明を受けたい場合、その国に設置された米国大使館領事部または領事館にサイン証明をしてもらうことができます。これは、米国国外における公証人業務が米国領事に委ねられていることによるものです。日本におけるサイン証明の申請方法などの詳細については、駐日米国大使館領事部にお問い合わせください。

 

中国

・中華人民共和国契約法第32条にて、契約をする場合は、双方の当事者が署名または押印した時点で契約が成立する。

・契約署名者は実務上法定代表者、または法定代表者の授権を受けたものに限られます。

・印鑑は会社の社印または契約専門印でなければなりません。

・押印が社印、契約専門用印であることの事前確認が必要(通常最初の取引の場合、中国側から営業許可証の原本を見せてもらい、社印を確認しておくべきでしょう。)

 

捺印の順番

a)中国側に署名押印してもらい、その後日本側で署名押印する、

b)契約書が2ページ以上の場合はページ毎に押印し割り印を押しておく、

c)契約書は原本2部作成し双方で保管する

 

中国で契約するのに、「印鑑の持参や印鑑証明の提出は必要ないか?」とよく聞かれることがある。中国での対外契約は本人が面前で自署するだけでよく、日本の印鑑、印鑑証明書は中国では意味をなさない。中国側にとって捺印は署名と同様に法律上の意思を証明する重要な意味を持つが、外国人、外国企業は署名だけでよく、捺印は有害ではないがなくてもよい。

 

署名

「本人自署」と言っても、米国と同様、中国にも署名を証明する政府機関も証明書も存在しない(注)。巨額の契約調印などで必要であれば、公証人や弁護士を契約調印に立ち合わせ、正式に本人確認したうえで本人意思確認しもらい、彼らにも契約立ち会いの署名をしてもらうことで本人自署を証明することができる。

(注)以前は存在しなかったが、最近では工商局に董事長の書名鑑を登録する制度がある。ただし印鑑証明書は発行されない。

 日本人のなかには、日本の習慣と同じように、合意ののちに日本側が署名捺印した契約書を中国側に手渡し、後日、調印日などに正式署名捺印したものを出してもらう人もいるが、これは危険な行為である。

 印鑑はあっても、署名は必ず本人自署でなければ、契約は法的に成立しない。実際に問題を起こして退社した社員に損害賠償を求める裁判をおこしたところ、本人は肝心の労働契約書に署名した記憶がないと言い張り、しらべてみると、たしかに契約書の署名は本人の筆跡と明らかに異なっていたという事例もある。

 このように、持ち帰った契約書類を、「リスク回避」のために意図的に他人に署名させて提出するケースもあるのである。契約署名と現金取引は必ず「本人の目の前」で、「その場かぎり」で完成させることを鉄則としなければならない。

契約を日本で調印することができれば、日本側にとっては安全で、条件的にも有利な契約を結ぶことのできる可能性が高くなる。

 

印鑑

 中国で印鑑刻印業は「特殊行業」のひとつである。開業するためには通常の工商局登記だけでは不可能で、公安局の特殊行業許可証が必要となる。印刷業なども同様で、要は印鑑の偽造や変造を防ぐために、公安局の管理下におかれ、直接業務指導を受けるのである。

 中国で会社を設立すると、最初に会社(総経理)印、銀行印、税関印を作成しなければならないが、ほとんどの場合、刻印業者を指定される。その理由と意味はここにある。建前上、中国の印鑑はすべて公安局の管理下で作成されるため、偽造印は存在しないことになっているのである。したがって印鑑登録や印鑑証明書制度も存在せず、かわりに印鑑は必ず公安の指定する刻印業者で作成しなければならないことになっている。

 ところが、日本人や日本企業は日本で作った印鑑を持参するため、そもそも中国公安局の管理下にないところで作成された印鑑では、その真実性がまったく当てにならない。たとえ印鑑証明書を持参したところで、中国には存在しない制度だけに理解を得ることすら難しい。

 このようなシステムは労働許可証や居留証を取得する際に要求される健康診断証明書とも似ている。たとえ日本の一流病院で作成してもらった健康診断書でも、中国では受け入れてもらうことが難しく、原データを要求されて検疫局所轄の病院で再確認を義務付けられたり、もう一度身体検査を受けさせられたりする。これは長期休暇や一人っ子政策などの関係で、健康証明書の偽造も多いという現実を反映している。

 

許認可

 中国契約法(1994.7)の第3章「契約の効力」の冒頭第44条では「法律および行政法規において許可、登記等の手続きを経なければならないと規定されている場合は、その規定にしたがう」と定められている。

 すなわち、当事者の署名だけでは、契約の効力は発生しないのである。かならず、行政法規に定められた政府の許認可や登記などの行政手続きを済ませることが契約発効の条件と定められている。その多くは事前許可が必要とされており、金額や内容によって行政当局の許認可権限も異なっており、十分複雑である。

 日本とは異なり、当事者間の合意があったとしても、それだけでは法的な契約成立とは認められず、紙に記録してお互いに自由意思をもって合意署名し、正本を交換しなければ契約は合法的に成立したとは認められない。たとえば、双方合意にもとづく合弁契約でも、合弁関連法令や登記管理条例など関連法規の定める条件に合致し、かつ法定の手続きに沿って所轄政府の設立許可を得て、工商登記も済ませなければ、その合弁・合作は法的に無効ということになる。

 

 

Seal

東南アジアや中南米では捺印が要求されることがある。Sealとして紙片を貼付することもある。

 

In witness of this Agreement it has been prepared in triplicate, and upon affixing names, signatures and/or seals of XXX, YYY, and ZZZ, each shall retain one original.

XXX:    XXX Co., Ltd.

    By:                        [SEAL]

    Name:

    Title:

Date: / /2014

 

 

Check Also

一般条項_権利放棄(Waiver)

Any failure of …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です