Home / 契約書 / その他 / 責任限定契約書

責任限定契約書

株式会社○○○○○○(以下「甲」という。) と株式会社○○○○○○の社外取締役である○○○○(以下「乙」という。)とは、会社法第427条第1項の規定に基づいて、乙の甲に対する損害賠償責任の限定について、以下のとおり合意する。

 

第1条(責任限度額)

乙が甲の社外取締役として、本契約締結後、その任務を怠ったことにより甲に損害を与えた場合において、乙がその職務を行うにあたり善意でかつ重大な過失がないときは、金○○○万円又は会社法第425条第1項に定める最低責任限度額のいずれか高い額を限度として甲に対し損害賠償責任を負うものとし、その損害賠償責任額を超える部分については、甲は乙を当然に免責するものとする。

 

第2条(再任の場合の効力)

乙が甲の社外取締役の任期満了時に再度甲の取締役に選任され、就任した場合は、就任後の行為についても本契約はその効力を有するものとし、その後も同様とする。ただし、再任後新たに甲と乙の間で乙の責任を限定する旨の契約を締結する場合にはこの限りでない。

 

第3条(責任限定契約の失効)

乙が、甲又は甲の子会社の業務執行取締役若しくは執行役又は支配人その他の使用人となったときは、本契約は、その時より、将采に向かってその効力を失う。

 

第4条(通知)

乙は、本契約第1条による限定された責任を負う場合において、その後新株予約権を譲渡し又は譲渡しようとするときは、事前に甲に通知し・必要な会社法上の手続を経るものとする。

2 乙は、本契約第1条による限定された責任を負う場合において、新株予約権証券を所持するときは、乙は遅滞なく新株予約権証券を預託するものとする。

 

第5条(責任限定契約の開示)

甲は、法令の規定により必要があるときは、本契約の存在及び内容を第三者に開示することができる。

 

本契約締結の証として本書2通を作成し、記名捺印の上、甲乙各1通を保有する。

 

 

平成○○年○○月○○日

 

甲:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○○○

株式会社○○○○

代表取締役 ○○ ○○

 

乙:

東京都○○区○○○○○○○○○○○○○○

○○ ○○

Check Also

意匠権譲渡契約書

 株式会社○○○○(以下「甲」 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です